古紙回収の必要性とは

古紙回収といえば、昔はよく軽トラックなどで、古新聞古雑誌空き瓶などはございませんかというフレーズで、町内に回収しに来ていたのを思い出します。回収に来たのが分かったら、慌てて新聞紙や雑誌を紐でまとめたものを持って行ったのを憶えています。しかし最近では、そのような回収業者が町内を回収しに来ているのをほとんどみかけなくなりました。今では資源ゴミ回収の日などが町内ごとに設けられていて、その日に合わせてゴミを捨てているのです。またオフィスなどで出た不要な用紙や資料などは、機密文書としてシュレッターなどにかけ廃棄するものと、古紙とに分けて捨てられます。職場などでは一度使用した紙を、再度裏紙として使用したりして資源の節約に努めている会社もあります。しかし仕事をしていれば捨てる紙は必ず出るもので、捨てなければならなくなった紙は古紙として使用される場合もあるので、資源ゴミの回収業者などに一年に一回の大掃除の日を利用して捨てに行ったりするものです。


古紙として再利用される紙は、トイレットペーパーやダンボール、名刺用の紙など多くのことに再利用されることになります。数限りある資源の節約に人類全体で努めていく必要があるのです。それを行うことで森林伐採が進み地球温暖化に少しでも歯止めがかかるのであれば、国内に限らず人類全体で全力で取り組んでいくべきなのです。自身も家庭用のトイレットペーパーや名刺に古紙を使用していますという文言を見かけたことがあります。また実際に再生紙を使用している名刺を使っていたこともあります。古紙は今や重要な資源のひとつとして大切なものとなっているのです。このようなことからも古紙回収は必要なことなのです。古紙回収だけに限らず現在では色々なものが資源として再利用されている時代です。ジュースやお茶のペットボトルも重要なリサイクル資源のひとつなのです。ペットボトルをリサイクルして服が作られたりもしているのです。このように地球上にある限りある資源を無駄遣いしないような取り組みが世界中で行われているのです。そして資源を再利用することで、多くの製品を作り出せる時代となっているのです。家庭においても職場においても古紙回収に努め、少しでも多くの人が資源の節約に努めることが、またその気持ちを持つことが大切なのです。


古紙回収だけに限らず、資源ゴミ、リサイクルごみなどをしっかり認識し、ゴミを捨てる際はちゃんと分けて捨てることが大切です。少しでも多くの人が、地球全体の今後のことを考え行動する世の中になって欲しいものです。